昭和レトロ放浪記

古い街並み・純喫茶・ノスタルジーな世界を求めて

古い町並み

【東京ちょっと昔の写真】東京都中央区港町・空襲と地上げ屋から免れた木造家屋がついに高層マンションへ

【東京ちょっと昔の写真】東京都中央区港町・空襲と地上げ屋から免れた木造家屋がついに高層マンションへ

2002年に小さなコンパクトカメラを購入してから、街並みのスナップ写真を撮る事が趣味だった。
東京都中央区の湊町周辺は、昭和20年(1945年)の東京大空襲を逃れ、戦前の下町の風情のある建物が残る地域だった。
地上げ屋により、空き地や駐車場が目立ったあの場所も、この20年で景色が激変した。
2003年頃から、散歩をしながら撮りあつめた写真を、現在の景色と比べながら紹介したい。

東京都中央区港町について

小さい頃からこの周辺を知る私は、迷路のようにはりめぐらされた木造家屋がひしめき合っていた風景を覚えている。
友人は小さな木造家屋に住み、海沿いの雑居ビルに住み、何度か遊びにいくことがあった。

八丁堀駅や新富町駅が近く、隅田川沿いに存在している。

東京都中央区港2丁目1−5付近(2003年)

中央小学校(旧鉄砲洲小学校)の横道にある家。入口が4つある長屋風の家。
この道は昔よく通っていた。


2020年現在は、ビルが建っている。

関連記事
都市徘徊blog:看板建築4軒長屋

東京都中央区港1丁目13付近(2009年)

鉄砲洲神社と鉄砲洲公園に挟まれた道を、隅田川へむけて歩く方向にかつてあった住宅群。

撮影して2ヶ月後、更地に。

2020年現在、マンションに変わっている。

安藤興吉商店→パークシティ中央湊 ザ・タワー

中央区湊2丁目14番・15番地周辺。
「安藤興吉商店」というお漬け物屋さんがあった場所は現在「パークシティ中央湊 ザ・タワー」という高層マンションに変わった。


東京都中央区港2丁目14「BARBERイイダ」

2丁目の14番地にある「BARBERイイダ」。
現在は駐車場になっている。
奥にある建物は「宗教法人妙真教会」2020年現在も存在している。


東京都中央区港2丁目11「シティタワー銀座東」の昔の景色

港2丁目11番地付近は、わたしが気づいた頃には地上げ屋により空き地と駐車場の歯抜け地帯だった。
そこに、一際目立つ不気味な5階建てのビルが建っていたのを覚えている。
ガラス戸に「岡ビル」と、シャッターには「酒類商(有)岡商店」と書かれている。


現在は高層マンション「シティタワー銀座東」が建っている。

木造家屋も小道もすべて消滅した

湊町2丁目11番の東側の道。ちいさな町工場やとうふ屋があった。
10年の時を経て、高層マンションが建ち、昔の面影を探すのは難しい。

2010年撮影

「湊三丁目」バス停留所

鉄砲洲通り沿いにある「港三丁目」バス停留所。
奥にある商店には「粋な下町鉄砲洲」と書かれた酒屋があった。

2020年現在、高層マンションが建っている。

映画「空気人形」のロケ地

中央区港町は映画「空気人形」のロケで多く使われている。
大規模な再開発の前、2009年頃の港町の景色を見る事ができるので一見の価値あり。

景色が変わるのは仕方ない

という事で紹介させてもらった、中央区港町界隈の景色。
ヨーロッパを旅すると、美しい古い街並みが広がっていて、日本もこうならないものかと思った事もあった。
しかし、日本は地震が多く老朽化の問題。
木造密集地帯になると火災があった時の延焼のリスクにより道路を広げる必要があったり。
古い建物が残らないのは致し方ない事なのだろう。

なれば、できる限り写真で記録を残しておきたい。
当時の写真を見ると、もっと撮影しておけば、と後悔してしまう。
「今」というのは、過去からすれば未来であり、未来から見れば過去である。

一瞬一瞬の今を大切にして、今後も記録写真を撮っていきたい。

URL
TBURL

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この界隈で育ったので懐かしい。
    もし御兄弟がいらっしゃったら同級です。

コメントを入力

*
*
* (公開されません)

Return Top